yahhyhappyのブログ

yahhyhappyの独り言的日記。

おーえすたー ラストライブに行ってきました

2017年8月14日(月)17時30分開場、18時開演

ライブハウス下北沢WAVERにて、おーえすたー ラストライブがあり、行ってきました。

 

急な出張等が入ることを危惧し、あらかじめ休みを取って参加しました。

直前まで大風邪をひいて、もしかしたら無理かも知れないと心配しましたが、杞憂に終わり本当に良かったです。

 f:id:yahhyhappy:20171004150418j:image

さて、当日はottoと一緒に参加しました。

ファン歴が浅いため、後ろの方で双眼鏡で見ようと思って立っていたのですが、「前の方が開いていますのでどうぞ」と親切な方に声をかけていただき、それではお言葉に甘えて…と前の方に行ってみると、またもやつよし君の目の前が2人分開いています。w

遠慮なくそこに座ることにしました。

 

全ての曲を網羅するため、曲間が短く、次から次へと繰り出される歌たち。

椅子ありのスタンディングで楽しく過ぎていきます。

途中、失恋の曲特集があり、おしゃべりの時間あり、2人がバックステージでアナウンス(これが結構おかしい内容)したり、バラエティに富んだ展開でした。

 f:id:yahhyhappy:20171004150202j:image

2人の衣装も、途中おそろいのアロハシャツになり、おーえすたーTシャツになり、2度もお着替えがあり、楽しませてくれました。

タオルをブンブン回す曲もありましたよ。私は初体験でした。

 

いつもより長かったはずの今回のライブですが、あっという間にアンコールの時が来てしまいました。

おーえす隊 は皆アンコールの曲の演奏中、光るスティックを振って応援しました。

それらも終わりの時が来て、おーえすたー の2人も「終わっちゃうの?」といった反応になっていたのですが、ファンもみんな同じ感覚だったと思います。

(え? 本当にこれで解散しちゃうの?!)

 

 f:id:yahhyhappy:20171004155657j:image

一旦ステージから消えた2人をステージに呼び戻すおーえす隊の代表者の声。

2人とも何だ何だという面持ちで再登場。

おーえす隊の代表者から、感謝の言葉(つよし君は「天の声」と言ってました)が述べられ、2名の代表から花束贈呈、そして おーえす隊から歌のプレゼント。

泣きまくる おーえすたー諸氏。特につよし君。

 f:id:yahhyhappy:20171005230935j:image

とてもとてもいい時間を過ごしました。

 

終了してみると20時半頃。確か21時には会場を空けないといけないと聞いていましたが、とても無理そうです。 遠くから駆けつけたファンをはじめ、写真を撮ったり話したり、みな離れがたい想いでその場にいました。

私も何人かと一緒に、おーえすたー と写真を撮ってもらいました。

宝物です。

 

ライブ終了後、おーえす隊の方3人と私とottoの5人で居酒屋へ。

私は胸がいっぱいで、食事よりもお話できたのが本当に嬉しく思いました。

まっすぐに家に帰るよりも、ワンクッションあった方が落ち着けます。

 

直前まで体調を崩していたことや、次の日も仕事があることを鑑み、他の方々よりも早く退席させていただき家路を急ぎました。

ところが、家に着いてさぁ寝ましょう、と思っても全く眠れず、あっという間に朝。w

 

眠れない夜の間に、様々な思いや情景が浮かんでは消えていきます。

ライブの迫ってくるような2人の(特につよし君の)Energieがいつまでも胸に残り、ラストライブの印象として、あくまでも私個人の中に残る印象としてですが、大輪の花火をごく間近でずっと見ていたような感覚がありました。

時にいくつもの花火が重なり空に燃えて行くように、2人のEnergieの映し出す情景を私は心で見ている。

2人の おーえすたー にかけた思い、ファンを喜ばせたいと思う気持ち、感謝の気持ち、解散する悔しさ残念さ無念さ、それらが火花を散らして私の胸に迫ってくるのでした。

心に刻み付けられたイメージの力が強すぎて…眠れるわけないですよね。

 f:id:yahhyhappy:20171004150707j:image

おーえすたー が解散してしまったことはとてもとても残念ですが、つよし君が音楽を続けてくれるということが救いです。

こうなったからには何が何でも応援しよう!! と心に誓いました。

自分に何ができるのか全く分かりませんが、できる限りのことは何でもしようと決意しました。

つよし君にとってソロ活動のスタートですが、私にとってもスタートです。

同じ思いの方、繋がっていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

読んでくれてありがとう。