読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yahhyhappyのブログ

yahhyhappyの独り言的日記。

補聴器無くして人情に泣く

f:id:yahhyhappy:20170514185534p:plain

4月5日(水)

 朝の出勤時、急ぎに急いでいた私は、走って家から駅に向かう小道で、大事な大事な補聴器ケースを落とし、少し戻ってそれを拾い、職場へ向かいました。

職場に着くと、補聴器が無い!

ケースは開いていなかったのですが、おそらくケースが道路にたたきつけられた拍子に外に飛び出てしまったのでしょう。

ものすごいショックが私を襲いました。

 

 私は、2007年に左耳を、2010年に右耳を、突発性難聴に襲われ、聴力が落ちてしまっているのです。

耳に少々障害があるのに、それを隠して働いているために、補聴器の力をこっそり借りなければならないのです。

 

この日、夜まで相談の仕事がびっしり。

人の話を聴くのが仕事なのに、この事態。

気持ちは真っ暗です。

 

何とか休憩時間にネットで検索して、目星をつけたショップに電話して問い合わせます。

なぜかショップは香川県など遠くて、しかも発注から到着まで1週間とされているところが多く、とてもとても急いでいる私にはじれったく感じられました。

 

そこに、東京都内に店舗かある補聴器プラザ吉祥寺店に電話してみると、出られたのはAさんという男性。

補聴器を無くして困っていると話すと、「それはお困りでしょう。在庫を確認して折り返します」と言ってもらえたのです。

結果、新宿店に在庫があり、しかも価格ドットコムで検索してくれ、最も安い価格からさらに割り引いた金額にしてくれるというのです。

私の求めていた商品はネット販売のみの扱いで、本来お店では扱っていないものだそうです。なので、今回は特別です。

 

私は驚いてしまい、ただただお礼の言葉を繰り返すのみでした。

本当に困っている時には、人の優しさが心にしみて、涙が出てしまいます。

 

次の日、約束の時間に新宿店に行ってみると、Aさんの言った通りで、無事新しい補聴器(無くしたものよりも新しいタイプ)を購入することができました。

 

あまりにも嬉しかったので、新宿の伊勢丹(百貨店)でお菓子を2箱のし付きで購入し、吉祥寺店へ向かいました。

残念ながらお店はすでに臨時に閉店しており、電話も通じなくなっていました。

仕方なく宅配便でお送りし、後日社員の方に電話でお礼を伝えて終了。

Aさんとはお話できなかったのですが、Aさんとはその会社の社長さんだったのです。

このことは後で知りました。

 

繰り返しますが、本当に困っている時に助けていただくということは、ありがたいものですね。

私のようなケースはそうそうないかもしれませんが、この親切な社長さんのいるショップをせめてここにお知らせします。

 

補聴器プラザ新宿店(株式会社アイソニック東京)03-5354-8733

shinjyuku@ha-plaza.com

予約制になっていますが、電話はつながりづらく、メールでの連絡、となっています。

 

この場を借りて、感謝の気持ちをお伝えしたいと思いました。

ありがとうございました。

<(_ _)>