yahhyhappyのブログ

yahhyhappyの独り言的日記。

ONE OK ROCKのTAKAのママの著書2冊を読了!

  f:id:yahhyhappy:20170219181753j:image

写真向かって左、「明日へ」幻冬社 ハードカバー ¥1,200+税 2006年4月15日第1刷発行 絶版のため、古本で購入しました。

写真向かって右、「母親力」SB新書 ¥800+税 2017年2月15日初版第1刷発行

共に森昌子

 

ONE OK ROCKのヴォーカルTAKAのママの著書として、ファンがネットでおすすめしていたので読んでみました。

 

まず「明日へ」から。

父親から歌を教えられ、後に望まないながらスター誕生という番組に出て歌手になり、森進一という歌手と出会い引退、結婚・出産、子育て、離婚、仕事復帰までが書かれています。

 

TAKAのファンにとって読みどころは、昌子ママが妊娠したことを知った進一パパの喜びようや、生まれた時の様子、子育てに対する思いの強さです。

圧倒されるような情熱に、進一パパが大好きになるでしょう。

 

この本には書かれていないけれどもファンにとっては有名な、TAKAが勘当された後、進一パパがTAKAの働く店に行ったこと、進一パパの還暦のお祝いにTAKAが送った手紙のことなどなどのエピソードに繋がり、より一層、曲"Nobody'a home"が感動的になりました。

 

次に「母親力」です。

昌子ママ独自の、3才までのスパルタ教育や躾、お受験などに重きが置かれています。昌子ママの幼少期からの体験も語られていますが、それらが育児の方針にどう影響したか関連付けされています。

 

テレビのバラエティ番組では、昌子流スパルタ方式は面白おかしく受け取られ、ネタのようにされていたようですが、実際には違います。

育児のゴールは自立なのだということをしっかり見据え、悩みながらも懸命に向き合って来られたのがよく分かります。

ただ厳しいだけではなく、愛情に裏付けられたそれです。

子どもを自立させるということは、親がまずは自立し、子離れができていることが必要条件であることを再確認させられました。

 

自立は子どもにとり非常に重要な課題ですが、親が子どもから自立することは困難を極めます。

 

まぁ、そんなことを考え考え読んで、興味深く思いました。

 

明るくリーダーシップや思いやりのあるTAKAは、このようにして出来上がったのだなぁ、と感慨深いものがあります。

 

ONE OK ROCKファンなら、一度是非読んでみてくださいな。

 

 

読んでくれて、ありがとう。