yahhyhappyのブログ

yahhyhappyの独り言的日記。

日々の「疲れ」について考えてみる

 最近、仕事でヘビーなことが続き、グッタリしていました。

この、「グッタリ感」を強いて言うなら「精神的疲れ」とか「神経疲れ」といったものだと思います。

 

 さて、度々襲われるこのような疲れに、どのように対策していけばいいのか、考えてみました。

 

 その昔、疲労物質は「乳酸」だと教えられてきました。

2008年頃だったか(うろ覚え)、日本疲労学会が「疲労物質は乳酸ではなく、活性酸素だ」と発表したとネットのニュースで知った時には驚きました。

しかも、筋肉の疲れにとどまらず、ありとあらゆる疲労のメカニズムが同じ(!)というじゃありませんか!

f:id:yahhyhappy:20161009133140j:image

http://wpb.shueisha.co.jp/2016/06/01/66014/3/

嘘みたいな話ですが、きちんと検証が重ねられている分野のようです。

 

「疲れは、脳の自律神経の疲れで、活性酸素が原因」

 

 結果、対策は、

1、睡眠を取る(イビキはダメ)

2、ゆらぎのある生活をする(同じことの繰り返しは疲労の元)

3、脳に届く抗酸化物質イミダ(ゾール)ペプチドを摂る

4、ワーキングメモリーを鍛える

でした。

 

4、のワーキングメモリーについては、記憶力を鍛える訓練を怠らないことでキープできるかな、と思います。

マルチタスクについては、逆に脳のダメージを増やすとする説もあり、何とも分かりません。

 

4、の活性酸素に対抗するものは他にもビタミン類やポリフェノール等あるようですが、脳内には入れないそうで、今のところはイミダゾールペプチドがイチオシ。

DHCから出ていました。

f:id:yahhyhappy:20161009135010j:image

Amazonでは¥4,158 でした。

https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B00PL1JBYO/ref=mp_s_a_1_2?__mk_ja_JP=カタカナ&qid=1475988693&sr=8-2&pi=SY200_QL40&keywords=イミダゾールジペプチド&dpPl=1&dpID=61BUjPQtRGL&ref=plSrch

続けようと思うと、結構お値段張りますね。

鶏のムネ肉でもいいそうですが、そればっかりというわけにもいきませんしね。

 

それから、脳腸相関という考え方から、ストレスを原因とする不調に効く乳酸菌としてカルピスのC-23ガゼリ菌も気になります。

f:id:yahhyhappy:20161009141035j:image

腸は第2の脳ともいいますし、体調を底上げしてくれそうな気がします。

https://www.calpis-shop.jp/sp/products/c23_tab.html/

 

また、老化に目を向けるならば、加齢とともに慢性炎症が起こり、加齢関連疾患につながるということもいわれています。

炎症性サイトカイン(炎症を促進する物質)に抗う漢方薬が見直されているようです。

体質の違いもあり、一概にこれと限定していいか迷うところですが、個人的に注目しているのが、牛車(ごしゃ)腎気丸と八味地黄丸です。

f:id:yahhyhappy:20161009140742j:imagef:id:yahhyhappy:20161009140905j:image

 

どれも、私がこれから真面目に取り組んでみようと思っているものをあげてみました。

 

さて、ストレスでヨレヨレになりがちなわたくし。

変化が楽しみです。

 

 長くなりましたが、読んでくれてありがとう。