読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yahhyhappyのブログ

yahhyhappyの独り言的日記。

映画「死ぬまでにしたい10のこと」を観た

音楽・映画・美術・演劇

お題「最近見た映画」

 

映画「死ぬまでにしたい10のこと」をDVDで観ました。

f:id:yahhyhappy:20161002132708j:image

この映画は2003年制作、だそうですから今から13年前。

カナダとスペインの合作。

 

ナレーションは、「あなたは」と話しているので、おそらく観ている私たちが自分のこととして考えて欲しいと意図しているのだと思います。

 

主人公のアンは、ガンにおかされ、ある日余命2ヶ月と診断されるのです。

2年ではなくて、2ヶ月です。

とても短いです。

アンがノートに死ぬまでにやることを10書き出すわけですが、それの全てに共感できるわけではありません。

それは人それぞれ。

夫以外の男性と付き合う、という項目があります。

おそらく共感できないと思います。

私もそうです。

 

この項目があるために、この映画に華を添えている、というか、それすらなかったら映画にならなかったのでしょう、多分。

 f:id:yahhyhappy:20161002132810j:image

感想としては、アンが非常に自己抑制的だということ。日頃の貧しい生活と、子供達の世話、肉体を酷使する仕事、ペシミストの母との関係、全部に渡ってそう思います。

余命を告げられてからも、普通であればもっと気持ちが揺れて当然だと思いますが、あらゆることに我慢を強いられてきた中で培った精神力か、さらに自分を抑制して病気のことを隠し通すのです。

ここが凄い。

f:id:yahhyhappy:20161002132752g:image 

一応仏教国といってもいい日本人の皆さん、あなたならどうですか?

全ては無常とは知りつつも、なかなか難しいのじゃないですか?

 

本当に明日は分かりません。

突き詰めれば誰しもが一人。

 

考えさせられる映画でした。

 

それと、発見が一つありました。

アンのペシミストの母を演じているのが、BlondieというグループでCall me (1980年頃)などを歌っていたデボラ・ハリーだということです。

https://m.youtube.com/watch?v=LNk-9PNKJek

ギョギョ、36年前?

もう知っている人は少ないですね。

失礼しました。

 

最後まで読んでくれてありがとう。