読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yahhyhappyのブログ

yahhyhappyの独り言的日記。

映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」

音楽・映画・美術・演劇

映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」

 

クリムトの名画〈アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I〉をめぐる実話の映画化

 

のDVDを観ました。

 

f:id:yahhyhappy:20161205003238j:image
伯母の肖像画の返還を求めて、オーストリア政府に対して裁判を起こした女性の物語でした。

 

平和な生活が、政治が変わると同時に一転。ナチスの手から、命からがら逃げる場面はスリリングでした。

 

イケていない風の弁護士が、オーストリアに渡ってからスイッチが入って、難しい局面をやり抜くのがよかった。

他人事から自分ごとになったというか、自分のルーツを実感して奮い立ったというか、折衝がこきびいいです。

弁護士を支える妻の、肝がすわっているのがまたいい。

 

色々とあったけれども、最終的に絵が戻ってくるのですっきり感があります。

 

所々に散りばめられた回想シーンは、主人公の背景を知るのに効果的で、だんだんと家族との思い出や絆を証しするものとして「絵」があるのだなぁ、と実感できました。

 

言葉にできないほどの悲しみと重み。

一枚の絵ですが、大きな意味を与えられ、存在しているのですね。

 

映画館で見たかったのですが逃してしまい、残念に思っていましたが、見れてよかった。

TSUTAYAに会員登録したのです。うふふ。

これからいい映画がたくさん見れそうで楽しみです。

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。