yahhyhappyのブログ

yahhyhappyの独り言的日記。

元同期会を開催しました

元同期会を開催しました。

 

場所は、新宿西口のMr.TOROさん。

f:id:yahhyhappy:20170226153909j:image

幹事のわたくし、麦アレルギーがあるため、お店の方にかなりご協力いただきました。

 f:id:yahhyhappy:20170226153937j:image

しかも、コースだと飲み放題のコースしかないというのに、お酒が飲めないので飲み無しコースを急遽作っていただき、あげくに個室にしていただくなどなど、お世話になりました。

(T-T)感謝感謝

 f:id:yahhyhappy:20170226154004j:image

おかげさまで話に集中することができ、とても楽しい時間を過ごしました。

 

人の話を聞くことで、自分も勉強になりますし、仕事について客観視するチャンスになりますね。

こういう集まりは、とても有意義です。

 

大学院で社会福祉を勉強したHさんは、問題発見力が高いなー、といつも感心しますし、心理畑のKさんの疑問点も納得だし…話しまくる私たち。

 

あっという間に閉会の時刻になりました。

 

気づけば写真を撮ることも忘れてしまい…マグロの頬肉のしゃぶしゃぶ、珍味でした。

あと、鳥の唐揚げの代わりに竜田揚げにしていただいた鶏もかなり美味でした。

 

とても優しくしていただいたお店の方たち、マサさんと、まさみんさん、本当にありがとう!

 

 

 

 

 

読んでくれてありがとう。

 

林部智史さんのセカンドシングル発売日

今日2月15日は、林部智史さんのセカンドシングル「晴れた日に、空を見上げて」の発売日です。

 

今日、予約していたものが届きました。

 

嬉しいのでブログにアップすることにしました。

f:id:yahhyhappy:20170215202728j:image

写真上の段向かって左が裏面で、その下が表面で、DVD付きのもの。

写真上の段向かって右が裏面で、その下が表面で、DVD無しのものです。

そう、それぞれ2枚ずつあるのです。

 

先日〝立川ららぽーと〟でのリリースイベントで予約したのと、ファンクラブで予約していたのとで、こうなりました(笑)。

下段はファンクラブ予約特典の生写真です。

 

CDだけでなく、実はラインミュージックでダウンロードして、iPhoneにも入れてあります。

道を歩いている時に聴きます。

 

なんかね、万全ですね(笑)。

 

YouTube のミュージックビデオの場所を貼り付けときますね。

https://m.youtube.com/watch?v=rNA-4ecqn-I

 

画像を貼り付けられるとよいのですが、スマホだけで作業しているので、難しいです。

よかったら聞いてみてください。

 

日々、忙しさと揉め事と危険とで、気持ちが擦り切れないように、この歌を聴いて深呼吸したいと思います。

 

 

 

読んでくれてありがとう。

 

林部智史さん、新曲「晴れた日に、空を見上げて」リリースイベントに行ってきました

2017年2月11日土曜日13時〜、立川ららぽーと 林部智史さんの新曲「晴れた日に、空を見上げて」(2月15日発売)のリリースイベントに行ってきました。

 f:id:yahhyhappy:20170212171750j:image

その日、ちょうど建国記念日でottoもお仕事が休みだったので、2人で参加しました。

 f:id:yahhyhappy:20170212171820j:image

開店の10時前、すでに長蛇の列!

すごいですね、ホントに。

 f:id:yahhyhappy:20170212171835j:image

CDの予約をして、入場する順番はくじ引きでした。

いつも決まった人が前に固まらないための配慮?でしょうか。

私は58番でした。

4人掛けのアルミのベンチ、前から4列目に座りましたが、ホールでのコンサートに比べて「とても近〜い」と感じます。

 f:id:yahhyhappy:20170212171856j:image

この日、テレビ朝日の番組〝グッドモーニング〟の取材が入っている関係で、リハーサルがあったり、少し勝手が違うところもありましたが、それはさておいて歌の世界に聴き入りました。

林部さんから、今日は声がガラガラですけど、喉の調子は大丈夫、との注釈あり。おそらくファンが心配しないための配慮なのでしょう。

 

セットリストは、

1.糸(中島みゆきさんのカバー)

2.あいたい

3.晴れた日に、空を見上げて

でした。

 

とっっっても短かったのですが、無料のCDの販促会ですから当然ですね。

 

CDを手にする日が楽しみなのと、iTunesでDLが待ち遠しいのと…。

 

本当は、個人的にはフルアルバムとLiveのDVDを切望しています。

こればっかりは大人の事情もあるでしょうから、心に留めて我慢我慢。

なるべく長く歌い続けて欲しいので、私も気を長く持たなければ…。

 

ちなみに、新曲の「晴れた日に、空を見上げて」は、テレビ朝日系列 2017年1月12日から毎週木曜日の21:00〜21:54放送の連続ドラマ「就活家族〜きっと、うまくいく〜」の主題歌です。そしてカップリング曲の「雨の日と月曜日は」は、同ドラマの挿入歌で、カーペンターズのカバーです。

f:id:yahhyhappy:20170212215857j:image

 

話を戻します。

歌の後は握手会に参加し、アナザージャケットにサインをいただきました。

f:id:yahhyhappy:20170212171922j:image

その時、

林部さん「久しぶりですね」

私「はい。今度のコンサートは、3日間とも行きますよ」

林部さん「え、3日全部?」

私「はい。お体大事にしてください」

林部さん「はい、ありがとうございます」

と短い会話が…。

 

確かに久しぶりだったのですが…。

なぜわかったのかしら…???

まさか、あの多数のファンの中、顔を覚えているはずもないですしね。

不思議です。(・・?)

 

ともかく2月20日〜22日のオペラシティコンサートホールでのコンサートを目下の楽しみとして、仕事と勉強に打ち込みたいと思います。

 

あ、そうそう、2月11日の時点で、2月21日の追加公演のお席が、あと30席ほど残っていると聞きましたので、この場を借りてお知らせしますね。

喜びは分け合わないと…。

 

f:id:yahhyhappy:20170212171938j:image

 

年度末が近づき、忙しさに飲み込まれそうになりつつも、音楽の力に支えられ、なんとか自分を保つことができています。感謝感謝。

 

 

小説『朝が来る』を読んだ

お題「読書感想文」

f:id:yahhyhappy:20170102122552j:image

タイトル:『朝が来る』

著者:辻村深月(みづき)

発行者:文藝春秋

第1刷発行:2015.6.15

定価:1500円+税

 

前半は、武蔵小杉の高層マンションの34階に住む家族の話。

平凡ではあるけれども恵まれた階層の専業主婦の日常です。

精神的にも肉体的にも辛い不妊治療をし諦めるまでの葛藤や、特別養子縁組によって子を持つまでの戦い。

そして母親になり、ママ友とのおつきあいや、価値観を押しつけがちな実母との関わりなど、子を持つ主婦ならではの悩みを抱えつつ、子どもを守る強い母へと覚悟ができていく過程が描かれています。

 

後半は、ガラリと主体が変わり、子どもの生みの母親の話へと切り変わります。

中学生の時点で妊娠し、実母との関係性がうまくいかないまま、転落していく様がリアルです。

 

転落といっても、風俗等に流れていくのではなく、支援施設や新聞配達で地味にコツコツ働くのです。

そこで出会った友人と思っていた人に裏切られ巻き込まれていくので、本当に苦しい気持ちで読み進みました。

 

物語の中では出てこなかったのですが、行政に相談してくれていたらな〜、と残念に思う自分を止められませんでした。

当面の住居を提供し、生活の立て直しを図り、弁護士への相談を後押しし、生きていかれる術としての仕事や必要なら資格取得のサポートもできたのに…と。

 

まぁそうなると小説として成り立たないでしょうから、選択肢としてないわけですね。

 

最後に少しだけ希望があるかも、と思わせるところで終わっています。

よかった。

それがなければ辛すぎる物語でした。

 

ドラマ化もされたようですが、大分小説とは違っているようです。

 

この本を職場の仲間にも読ませようかしら。多分私と同じように、行政に相談すればいいのに、と悔しがるに違いありません(笑)。

 

主人公を、愚かだと断じることは容易いです。しかしどんな人も、自尊感情を削がれている時には弱くなるものです。

親から愛されたと思えない時も弱くなります。だから、どんな人も弱くなる時があり、場合によっては周囲からのサポートが得られず転落の可能性があるといえます。

 

読み始めたら一気です。

読み終わるまで気が気じゃないので。

でもおすすめです。

 

 

 

読んでくださってありがとう。

 

今日は第九を聴きに行きました

今日は、都響の第九を聴きに六本木一丁目へ。

f:id:yahhyhappy:20161226232928j:image

どうして年末になると第九なのか、と毎年言ってきた私ですが、今年は自らすすんで行ってみることにしました。

f:id:yahhyhappy:20161226233124j:image

ちよっと分かりづらいですが噴水があったり、

f:id:yahhyhappy:20161226233207j:image

門がずらりと並んでいたり、

f:id:yahhyhappy:20161226233237j:image

綺麗な水晶みたいなオブジェがあったり(近づいてみると、中に花が浮かび上がっていて不思議)、ここはどこでしょうか。

 

f:id:yahhyhappy:20161226233525j:image

サントリーホールです。

 

指揮:ヤクブ・フルシャ

ソプラノ:森谷真理

アルト:富岡明子

テノール:福井敬

バリトン:甲斐栄次郎

合唱:二期会合唱団

でした。

 

f:id:yahhyhappy:20161226235109j:image

 

品良くまとまっていて、素敵な演奏会でした。

終わってから歓声が上がり、拍手鳴りやまず、何度も演奏者たちが挨拶され、温かい雰囲気でした。

私も笑顔で拍手をおくりました。

 

私の席は2階の真ん中辺。

落ち着いた気持ちで聴ける距離感でした。

f:id:yahhyhappy:20161226235123j:image

 

行ってみてよかった。

 

 

明日の朝早いので、もう寝ないと…。

4時半、起きられるかしら…。

 

 

読んでくださってありがとう。

 

 

クリスマスについて思うこと

12月25日、林部智史さんのミニライブに酔いしれ、帰宅してクリスマスをお祝いし、聴き逃したラジオ番組をRadiko で聴き終わった今です。

f:id:yahhyhappy:20161226035759j:image

北海道のラジオ局HBC

毎週土曜日の26時〜26時30分

(毎週日曜日の午前2時〜2時30分)です。

 

リスナーがクリスマスを交際相手と楽しく過ごしたエピソードが読まれ、微笑ましく思いました。

交際相手がいらっしゃらない林部さんは、羨ましそう(笑)。

 

林部さんがどうとかではなくて、世間一般いつの間にかクリスマス(特にイヴ)は交際相手と共に素敵な夜を過ごすもの、ということになっています、よね?

私はそれを強く感じます。

 

なんでこんなことになっちゃったんだろうかなと思っていたところ、興味深い記事を見つけました。

 

以下、その記事です。↓

『エキサイトニュース
ユーミン恋人がサンタクロース』を反省 「社会の呪縛になった」
松任谷由実がクリスマスソングの定番となった『恋人がサンタクロース』について自身のラジオ番組で語った。同曲は1980年12月にアルバム収録曲として世に送り出されたが、当初はロック調のクリスマスソングを作ろうといったノリで書き始めたという。ところがこの『恋人がサンタクロース』は、やがて生みの親の手を離れて社会現象を起こす存在となっていく。(中略)

12月16日のラジオ番組『松任谷由実Yuming Chord』(TOKYO FM/JFN)は、“Winter Hollidays Collection ~Yuming's Christmas”をコードに放送した。(中略)

彼女は「自分でいうのもなんだが」と前置きして「“恋人がサンタクロース”というフレーズが社会への呪縛のようになったかも」「クリスマスをそういう風な日にしてしまったかもしれなくて。反省してもはじまらないんですけど」と振り返った。

実は 12月13日にTBS系で放送されたバラエティ番組『マツコの知らない世界』でクリスマスソングを取り上げた際に、音楽ライター・冨田明宏さんが『恋人がサンタクロース』によって「クリスマスは恋人と過ごすもの」というブームが起きたと説いていた。作者であるユーミンがそのように反省するのだから、彼の説は外れていなかったのだ。

出典:https://twitter.com/yuming_official
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)』

引用終わり。

 

私は、冨田明宏氏が言うように『恋人がサンタクロース』によって「クリスマスは恋人と過ごすもの」となった、というよりも、商業主義がクリスマスを利用加速する中で、恋人と過ごすためのマニュアルを雑誌・テレビ等が煽り、新たなクリスマスの概念が出来上がって行く過程で、この歌がピッタリハマってヒットしたのではないか、と考えていました。

 

歌のことから話は変わりますが、米国商業主義のクリスマスが日本に取り入れられる過程やら、歴史やら、とにかく興味深い論文を見つけましたのでおしらせします。

 

『クリスマス消費の変容に関する研究 : 構築主義的アプロ ーチによる理解』という博士論文です。

著作権等ありますので、引用はしません。

http://www.lib.kobe-u.ac.jp/repository/thesis/d1/D1002293.pdf

 

で、長くなりましたが、このブログで私が真に言いたかったことは、

 

「クリスマスはこうあるべき、は社会の押しつけ! 気にしない、が正解!」

 

ということです。

 

林部さんも、どうか気にせずに!

恋愛禁止を貫いてください(笑)。

って、落としどころがそこか…?

 

 

 

 

読んでくださってありがとう。

 

クリスマス! 林部智史ミニライブ に行ってきた+雑記

ブログ投稿も久しぶりの作業となりました。

 

年末のしっちゃかめっちゃか&もめ事で疲れ、同僚の母上が亡くなりお通夜に出たものの体調を崩し発熱、ようやくめでたくクリスマスを迎えることができました。

 

イヴの夜に、ディズニーのクリスマスCD(林部さんがA Whole New WorldとLet It Goで参加)

f:id:yahhyhappy:20161225215404j:image

をかけ(PCにスピーカーを繋いだ)、ottoと音楽の話をしている時に何気なくネットで見つけたのが、

f:id:yahhyhappy:20161225200542j:image

という案内でした。

 

大事件!

予定変更です。

 

さっそく埼玉県の北与野に行ってきました。

 

今回のミニライブは、本当に仕切りが素晴らしくて、椅子の上に物を置いて席を確保する人もなく、早い到着順で座れました(感涙)。

最後まできちんとしていて、ストレスなく堪能することができたのです。

スタッフの方々、本当にありがとうございました。

(T0T)/

 

さて、肝心のミニライブですが、会場は

f:id:yahhyhappy:20161225201230j:image

こんな感じ。

ホワイトボードに適宜必要な情報が追加され、わかりやすい。

 

で、林部さんは時刻通り登場するや、いきなりa cappellaで ‘Silent Night’ です。

これはもう、本当にクリスマスプレゼントでした。 美声❤️

 

あとは引き込まれ、あまり記憶がありません。夢を見ているように終了。

 

あいたい

Let it go

愛と笑顔を…

 

と続き、最後に2017年2月15日発売の新曲 『晴れた日に、空を見上げて』のサビから終わりまでをa cappellaで歌ってくれました。

大サービスですね。ありがたいです。

ファン思いの林部さんです。

 

この『晴れた日に、空を見上げて』は、2017年1月12日(木)から始まるテレビドラマ『就活家族』の主題歌だそうです。

(テレビ朝日、21時〜)

 

大躍進です。

いつも頑張っている林部さんだから応援したくて、彼が喜んでいるとこちらまで嬉しくてたまりません。

私も録画して見ます。

たくさんの人に見て聴いて欲しいと願っています。

f:id:yahhyhappy:20161225204537j:image

さて、今回は『あいたい』スペシャル盤をお買い上げ。

カバー曲の『糸』と『木蘭の涙』が収録されているものです。

アナザージャケットに名前をサインしていただきました。

 

そう、その直前、林部さんのマネージャーの山口さんから「(この名前は)ツイッターかなんかのハンドルネームですか?」と聞かれ、はいと答えつつもなぜか動揺(笑)。

 

その直後、動揺しつつ林部さんと握手。

何か言おうと思っていたことが頭から消えてなくなり、そのまま終了。

 

ま、それはともかく、とても楽しい時間を過ごすことができました。

 

フライヤーと呼ぶには勿体無いくらい綺麗なこれをいただきました。

f:id:yahhyhappy:20161225205825j:image

2月20日、22日、東京オペラシティコンサートホール(西新宿3丁目)でおこなわれるコンサートの広告です。

12月27日一般発売です。

03-3479-2245 ザ・カンパニー

 

なんか宣伝しちゃってますが、、、。

今日の林部サンタへのご恩返し。なんてね。

 

早くも2月が待ち遠しい気持ちになっておりますが、その前に自分のやるべきことをしっかりと頑張ろう。

仕事も、勉強も、周りの人を大切にすることも。

 

 

 

読んでくださってありがとう。